分散型資産の増加を促進する 5 つの要因

Last Updated on 2週間 by cryptoevent

より多くの人々がデジタル資産、デジタルファンド、ブロックチェーンベースの資産の潜在的な用途と利点に気づくにつれて、分散型産業の導入は着実に増加しています。 デジタル通貨をポートフォリオに組み込むことで、インフレから投資を守ろうとするトレーダーや投資家が増えています。

インフレ以外にも、分散型資産の導入に影響を与えた要因がいくつかあります。

1. 分散化はセキュリティとプライバシーをもたらします。

分散型資産は、政府や金融機関の管理下にある従来の金融システムとは異なり、コンピューターとユーザーのネットワークによって管理されます。 これにより、個人は自分の財政をより細かく管理できるようになり、制度や政府の介入のリスクが軽減されます。

暗号化はデジタル資産で使用され、第三者によるトランザクションの傍受や追跡を困難にする追加のプライバシー層を提供します。

2. グローバルなアクセシビリティ

現在の金融システムでは、個人が銀行口座を持ち、その他の要件を満たすことが求められています。 ただし、分散型セクターには、インターネット接続と仮想ウォレットがあれば誰でもアクセスできます。 これにより、従来の金融システムにアクセスできない地域での金融サービスへのアクセスが大幅に増加する可能性があります。

たとえば、一部の国では、すべての人が従来の銀行サービスを利用できるわけではありません。 個人はスマートフォンやインターネット接続を使用して暗号通貨にアクセスし、世界中の他の人と取引を行うことができます。 これにより、金融包摂が促進され、個人だけでなく企業も世界経済に参加する新たな機会が得られます。

3. 取引コストが低い

従来の金融取引では高額な手数料が一般的です。 これは特に国際取引に当てはまります。 時間的にも経済的にも費用がかかる可能性があります。 相手側のデジタル資産は、多くの場合、取引手数料が低く、迅速に送受信できます。 このため、取引コストを削減したい個人と企業の両方にとって魅力的です。

4. プログラマビリティ

プログラマビリティとは、ブロックチェーン上でカスタム アプリケーションを作成および実行できる機能です。 これにより、分散型金融 (DeFi) やサプライ チェーン管理システムなど、さまざまな分散型アプリケーションをブロックチェーン上に構築できます。

分散型資産には、プログラミング能力の点で従来の金融システムに比べていくつかの利点があります。 これにより、透明かつ効率的で、仲介業者を使用せずに実行できる複雑な金融商品やサービスの作成が可能になります。 スマート コントラクトは、事前定義されたルールに従って自動的に実行されるため、不正行為やエラーの可能性を減らすこともできます。

開発者や起業家には、デジタル資産を使用して革新的なアプリケーションやビジネス モデルを作成するための新しいオプションがあります。 プログラマビリティは、既存のテクノロジーを最大限に活用する方法でもあります。 その結果、デジタル資産のスタートアップやプロジェクトが急増しました。 これらの多くは、新しい DeFi アプリ、分散型マーケットプレイス、またはその他の DeFi プラットフォームの開発に焦点を当てています。

5. 投資機会

多くの暗号通貨は、その誕生以来、大幅な価値の上昇を経験しています。 このため、一部の投資家はこれらを有利な投資機会と考えるようになりました。 投資家は、ステーブルコインやステーキング報酬を提供する資産などの分散型資産に投資することで、大きなリスクを負うことなく、投資から利益を得ることができます。

ビットコイン、イーサリアム、DeFi トークンなどの分散型資産の人気が高まっています。

将来、人々がその可能性に気づくにつれて、これらの資産がより頻繁に採用される可能性があります。

Coin Insider の最初の記事「分散型資産の取り込みを推進する 5 つのこと」が最初に掲載されました。